PCB含有の確認

まずは型式、製造年月日からPCBの有無をメーカーのホームページなどで確認します。
ここでPCB含有が確定した場合はPCBの届け出を行います。


感電の危険があるため受変電設備の銘板確認は保安管理者の助言をもらって行ってください。

PCBとは

Poly Chlorinated Biphenyl(ポリ塩化ビフェニル)の略称で、人工的に作られた、 主に油状の化学物質です。
耐熱性に優れていたため絶縁油や熱媒体などに利用されてきましたが、その毒性が健康被害をもたらすため、現在は製造・輸入ともに禁止されています。

PCB含有の可能性

PCBの使用制限のなかった時代の変圧器や蛍光灯などの照明器具の安定器に含まれる場合があります。

高圧トランス、高圧進相用コンデンサ等

昭和28年
1953年
高濃度PCB含有の可能性昭和47年
1972年

蛍光灯安定器、水銀灯安定器等

昭和32年1月
1957年
高濃度PCB含有の可能性 昭和47年8月
1972年

そのため変圧器など受変電設備を廃棄する場合は年式にかかわらず、PCB検査証明が必要になります(メーカーから同一製品の証明書が入手できる場合もあります)。
年式が時期と異なっていても、油を交換したりした場合は含有の可能性が生じます。

メーカーPCB情報ページ

古い器具だとメーカーが存続していない場合もあります。

変圧器、コンデンサ

その他のメーカーの一覧は一般社団法人 日本電機工業会の高濃度PCB機器 簡易検索メニューをご利用ください。

照明器具

蛍光灯、水銀灯などの安定器について

/renew
お問い合わせ

PCB含有機器の廃棄手順