収集・運搬業者の手配

許認可を受けた専門の収集・運搬業者に処理場まで運んでもらいます。
高濃度の場合、運搬費用は単独だと非常に高額になりますので、乗り合いを手配します。
運搬車1台あたり、6件程度乗り合いすることで運搬費用を15万円程度に抑えることが可能です。

高濃度PCB処分費用の補助を受ける際は事前に運搬業者の報告が必要になります。
GPSを搭載した専用車両を用意している運搬業者に依頼する必要がありますが、こちらはJESCOから登録している運搬業者のリストが提供されますので、そこから相見積もりを取って選定します。

現在、PCB含有機器をご利用の場合は、ひとまず設備更新を行ってPCB含有機器を保管する必要があります。

蛍光灯安定器、水銀灯安定器等

ドラム缶に安定器を入れて運搬回収します。ドラム缶1本あたり安定器が150~200本ほど入ります。(約400kg)
指定ドラム缶を再利用すると補助金が支給されます。

運搬費用の補助

運搬費用の補助を行っている自治体もあります。

  • 東京都 対象経費に対し中小企業等は50%、個人は95%

/renew
お問い合わせ

PCB含有機器の廃棄手順