PCB濃度の分析

専門分析機関にて、含有量を分析します。
メーカーから同一製品の証明書が入手できる場合は個別検査の必要がなくなります。
検査費用の目安は15,000円ほど。その他に採取の際の人件費が必要です。

高濃度 5,000ppm~ JESCO
低濃度0.5~5,000ppm許認可を受けた民間処理場
なし 〜0.5ppm通常の産業廃棄物

検査キットにはスポイト、容器、そして手袋なども含まれています。
採取の際に使用したものはすべてPCB汚染物質として処理する必要があるので、使用した検査キットすべてを検査機関に送ってください。

検査費用の補助

自治体によっては検査費用の補助金があります。
なお東海3県は検査費用の補助は終了しました。

  • 北海道 低濃度PCB含有電気機器把握支援補助事業(期限2019年9月30日)
  • 愛知県 終了しました
  • 岐阜県 終了しました
  • 三重県 終了しました
  • 静岡県 終了しました

PCB含有の結果にかかわらず、PCB含有検査証は機器の処分の際に必要となることがあります。大切に保管してください。
(産業廃棄物処理業者から提出を求められることがあります)

/renew

お問い合わせ

PCB含有機器の廃棄手順